技術書典4に参加してきました

さて、新刊を携えて参加してきました。 準備 Kindle版の準備(後述) ダウンロードカードの準備(後述) 今回は、PDFダウンロードカードをお付けすることにしました。それ以外は概ねいつも通りです。 公式システムでの被チェック数は最終的に150にまで達しました。技術書典2, 3ではいずれも50台だったので、3倍近い数ですね。イベントの知名度が上がっているのに加え、来場者のうちアカウントを持っている人の割合が増えているのでしょう。この数ががんがん伸びるのを見て部数を増やしたサークルも多かったように見受けられたので、皆の背中を押すシステムとして機能してるなと思いました。

Read more

技術書典4に参加します (肉と鍋@え05)

年が明けてからいったい何をしていたのかと問われると、スノーボード2割、モンハン3割、この本の調査・執筆が5割と答えることになるでしょう。仕事や睡眠、料理などは除外して、です。モンハンについてはおかえさまでHR38まできまして、作業ゲーと成り果てました。早晩飽きが来るのではないかと。 で、それなりにがんばって同人誌を書いたのは技術書典4に当選したからです。

Read more

テレビ番組スタッフの「番組で紹介させていただけないでしょうか」に関する私見

今年の冬コミで本を頒布していたところ、コミケで「ちょっと写メいいですか?」と声をかけられた。写メという言葉遣いのなんというか10年前感はよいとして(テレビ業界ではいまでも使われているのか?)、その声の主が何らかのスタッフっぽいかったので使途を問うと、「TBSの有吉ジャポンでおもしろ同人誌を紹介したいので写真を使いたい」とのことだった。一も二もなくお断りした。理由を明確に言語化しておこうと思う。

Read more