Windows 10 Anniversary Updateを適用後、短時間のフリーズが頻発する件

Updateしてからというもの、ちょっと何かする(アプリを立ち上げるとか、その程度)と30秒くらいOSまるごとフリーズするプチフリっぽい現象が頻発していた。かなり厳しい。 イベントビューワを見るとstorahciとかいうのが死んでいるらしい。 Level: Warning Source: storahci Event ID: 129 General: Reset to device, \Device\RaidPort0, was issued. …

Read more

Windows 10 Insider preview build 14316でsubsystem for linuxを試す

タイトルが長い。 まずInsider previewのfast ringに入り、build 14316のアップデートを適用する。すると、Windowsの機能?のところにWindows Subsystem for Linux (Beta)という超かっこいい項目があるので、有効にする。 あとは普通にBash on Ubuntu on Windowsとかいうプログラムが追加されているので、起動して適当にあそぶ。 試した範囲では、build-essentialをはじめとする各種パッケージは普通にaptで入るし、それでzsh, emacs, gitあたりは普通にconfigure/makeできて動いた。emacsをちょっと使ったら表示がぶっ壊れたりしてたし、動作はだいぶ怪しいところが当然あるが、普通にうごくのがすごい。   Zsh emacs 24.5 git まるでubuntuのように動く。ただデフォルトのリポジトリがクソ重いので、riken様のリポジトリに変えておくとよい。普通にubuntuと同じように/etc/apt/sources.listを変えるだけ。 root@localhost:~# cat /etc/apt/sources.list deb http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu/ trusty main restricted universe multiverse deb http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu/ trusty-updates main restricted universe multiverse deb http://security.ubuntu.com/ubuntu trusty-security main restricted universe multiverse emacsが入ると自分のinit.elを試したくなるのが人情というものだろう。私のはこれ: https://github.com/naotaco/emacs.d いつも通りel-getを~/.emacs.d/以下にcloneして、このinit.elを置いて起動したら普通に動いた(ただしgit1.9.5以上が必要なので、自分でビルドする必要がある)。すごい。 なにがなんだかわからないが、本当に動いててすごい。使ってて頭が混乱する。あと、Ctrl+Aがどっかにキーを奪われているのかbash/emacsで使えないのが厳しい。まあそれを言えば、コマンドプロンプト並の機能しかないターミナル自体がそもそも相当厳しいが、まあさすがにこの辺はそのうちなんとかなるだろう。とりあえず無限の可能性を感じる。

Read more

レビュー: Microsoft Lumia 950

Surface Bookが発表された最高の発表会から2ヶ月、Cloveに注文していたLumia 950がイギリスから届きました。2,3回Cloveからの発送が延期されたりなんだりしましたが、12/12に到着。記事執筆段階では950のレビュー記事がギズモードのゴミしかみつからない状況はひどすぎるので、書いておきます。 既に950XLはAmazonに出てるようだが、950はまだ出てない様子。 by – [-] Rank/Rating: -/- Price: – 開封の儀 まず箱がでかい。2015年末の端末とは思えない。

Read more

[UWP] VisualStateManagerを使って画面サイズ, 向きによっていい感じにレイアウトを変える

Windows10, Windows 10 mobileそれぞれで、同じプロジェクトのアプリケーションが動作するようになった。ここだけ聞くと夢の国に聞こえるが、例によって画面サイズの問題がついてまわる。はぁ。 VisualStateTriggerを使うと、groupごとにstateを定義して、画面サイズの変化によってstateを遷移させることができる。このときにXAMLのプロパティを変えたり、コードビハインドでハンドラを叩いたりさせることができる。

Read more