Windows 10 Insider preview build 14316でsubsystem for linuxを試す

タイトルが長い。 まずInsider previewのfast ringに入り、build 14316のアップデートを適用する。すると、Windowsの機能?のところにWindows Subsystem for Linux (Beta)という超かっこいい項目があるので、有効にする。 あとは普通にBash on Ubuntu on Windowsとかいうプログラムが追加されているので、起動して適当にあそぶ。 試した範囲では、build-essentialをはじめとする各種パッケージは普通にaptで入るし、それでzsh, emacs, gitあたりは普通にconfigure/makeできて動いた。emacsをちょっと使ったら表示がぶっ壊れたりしてたし、動作はだいぶ怪しいところが当然あるが、普通にうごくのがすごい。   Zsh emacs 24.5 git まるでubuntuのように動く。ただデフォルトのリポジトリがクソ重いので、riken様のリポジトリに変えておくとよい。普通にubuntuと同じように/etc/apt/sources.listを変えるだけ。 root@localhost:~# cat /etc/apt/sources.list deb http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu/ trusty main restricted universe multiverse deb http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu/ trusty-updates main restricted universe multiverse deb http://security.ubuntu.com/ubuntu trusty-security main restricted universe multiverse emacsが入ると自分のinit.elを試したくなるのが人情というものだろう。私のはこれ: https://github.com/naotaco/emacs.d いつも通りel-getを~/.emacs.d/以下にcloneして、このinit.elを置いて起動したら普通に動いた(ただしgit1.9.5以上が必要なので、自分でビルドする必要がある)。すごい。 なにがなんだかわからないが、本当に動いててすごい。使ってて頭が混乱する。あと、Ctrl+Aがどっかにキーを奪われているのかbash/emacsで使えないのが厳しい。まあそれを言えば、コマンドプロンプト並の機能しかないターミナル自体がそもそも相当厳しいが、まあさすがにこの辺はそのうちなんとかなるだろう。とりあえず無限の可能性を感じる。

Read more