ついに赤道儀に手を出した(スカイメモSを買った)

ついにというか、魔が差して赤道儀に手を出してしまった。すべて星ナビが悪い。 Kenko ポータブル赤道儀 スカイメモS レッド 455173 by ケンコー(Kenko) [ケンコー(Kenko)] Rank/Rating: 249403/- Price: ¥ 30,466 最初は一瞬SWAT-200を買ってしまおうかと思ったのだがさすがに冷静になり、ポラリエとスカイメモSで迷って後者にした。お値段4万円。実勢価格より高いが品薄なのでしょうがない。赤道儀といえば沼というイメージしかないが、まあボディやレンズより安いのでセーフだろう……

Read more

天体写真・星景写真をいかにして撮るか [準備編]

天体写真、星景写真、むずかしい問題である。言うまでもないことであるが僕はど素人であるので、「適当な一眼レフを持って写真を撮るためのざっくりとした方法」を書いてみることにする。赤道儀とかそういうのは突然大金が手に入ったら手を出してみたいなどと書いていたが結局赤道儀を買ってしまった。読者諸兄におかれましてはうっかり天体撮影にはまって私の轍を踏むことのないようお気を付けいただきたい。 ともかく赤道儀を使った撮影については僕の中でもまだまとまっていないので、本稿では主に赤道儀を使わないカジュアルな天体撮影について述べる。赤道儀を用いた撮影およびスカイメモSのレビューなどはこちらを参照されたし。

Read more

α6000, ILCE-6000 で撮った写真をLightroomで現像する

2014/03/26時点の話です。 Lightroomは非常に使いやすくて、もうこれ無しで僕の写真生活は成り立たないところまできてしまっている。他方α6000を買ってしまった私は、Lightroomがまだ対応してないとはいえ、新しいカメラで写真を撮りたくて仕方がない。 ぐぐると、Camera RAW 8.4 RCを紹介してるAdobeのブログが引っかかるのだが、Photoshopじゃやってられないので、ARW(SonyのRAW形式)からDNG(Adobeのやつ)に変換してからLightroomに取り込むことにした。たぶん、D4SとかX-T1とかも対応してるんだろう。 まず上のブログからリンクをたどり、Camera RAW 8.4 RCをダウンロードしてインストールする。Photoshop CS6か、Photoshop CCがないといけないはず(月1000円のアレに入ってるよね?)。 で、Bridgeから一括処理したいARWファイルを全部選択して、Camera RAWに放り込む。 するとCamera RAWに複数ファイルが出てくるので、すべて選択、を押して、画像を保存を選択。 ARW->DNGの変換は現像に比べるとだいぶ速くて、僕の環境(AMD FX8350)だと1枚1秒弱くらいで終わった。 あとはいつものLightroomで、このDNGを読み込むだけ。かんたん。これならLightroomのアップデートが来るまで耐えられるね。 Camera RAW 8.4 RCは5月いっぱいしか使えないらしいのだが、それまでにはちゃんと正式版が出るということだろう、きっと。

Read more

α6000を買った

by – [-] Rank/Rating: -/- Price: – NEX-5Rに限界を感じていたわけでは特にないのだが、AFが速いと聞いたし、そろそろシューのついたカメラもほしいし、買ってしまった。 聞いていたとおり、AFはAF-SもAF-Cも速いし、24Mなのにノイズも5Rより少ない気がするし、基本的なカメラ性能が全体的に上がっていて大変よい。 よかった点: ファンクションメニュー、カスタムボタンが大変便利 AFくっそ速い 待ち焦がれたISO上限下限設定がきた 24Mだけどなんとなく5Rより高感度いいような気がする(ISO3200くらいまでいけるんじゃね感ある)(要出典) 5Rだとクソもっさりしてたダウンロードアプリがだいぶ速い だめな点: でかくて軽いので安っぽい モードダイヤルと内蔵フラッシュはいらない(知ってた 見た目がごつい バッテリがマイナーチェンジしてなんか安っぽくなってる 今更レビューするような珍しいものでもないので、そのうち作例上げます。  

Read more

Touit 12mm 実写

買ってからというもの、撮影を目的として昼間に外出する機会を得ていないため、夜景を撮ってきた。羽田空港で。 カップルばっかりだったらどうしようかと思ったが完全に杞憂で、それどころかCanonの白レンズが多数。逆に肩身が狭い。 白レンズを並べられようが、広角厨の心は揺るがないわけだが。   というわけで撮ってきたのが以下です。リンク先は撮って出しjpegです。     すべてNEX-5R + Touit 12mm, 三脚で撮ったJpeg撮って出しです。 四隅までやたら解像できてます。Zeissの面目躍如といったところでしょうか。 SEL1018ではこうはいかない。買って良かった。   あとの問題は、どこに何を撮りに行くか、ですね。

Read more

Carl Zeiss Touit 12mmを買った

買った。買ってしまった。もちろんE mount。 SonyのSEL1018を発売日に買う程度には広角厨だし、欲しくて欲しくて仕方なかったのだが、 思ったより発売がはやく、ボーナスの時期とかさなっており、気付いたら買っていた。 ヨドバシで119800円+ポイント10%。   写りについては四隅までかなりシャープで素晴らしい。SEL1018よりだいぶいい。当然だが。 はやくどっかに撮りに行きたい。 ただ情報が見当たらなかったので書いておきたいが、ものとしての満足感が割と低かったのは残念。 ・フードがプラ製、しかも安っぽい ・フォーカスリングがゴム製。耐久性に不安。 ・AFがやかましい ・電源On/Off時に変な音がする ・前後キャップが割と安っぽい といったあたり、正直SEL24F18Zの方が満足度が高い。安いのに。 さらに言えばデザインもあまり好みではない。 Zeiss印がほしい向きにはお勧めできるかもしれない。 なんたって鏡筒の左右+キャップにロゴが入ってるんだから。 と、ネガティブなことを書きまくったが、画質はいいので許せる。メキシコに行き直したくなる程度にいい画質。 はやくどっかに撮りに行きたいなあ。 次回にでも写真上げます。

Read more