RyzenでデスクトップPCを組み直した

久々の感覚だ。 メインマシンをはじめて自作したのが確か2007年ごろで、当時の構成は確かこんな感じ。その前はPentium4かなにかのマシンを使っていた。 CPU: Athlon64 X2 4200+ M/B: 忘れた、確かASUS メモリ: たぶん4GB VGA: GeForce 6600 HDD: WD Raptor 当時としては高コスパでけっこうなパフォーマンスだった。 このあとAMDはよく分からない方向に低調な進化を続け、6コア、8コアとコア数を増やし、クロックを4GHz近くまで上げてきた。 で、たしか2010年ごろ、卒論のためにVM上げまくったりしたかったのでコア数を増やしたくて、Phenom X6で組み直したのであった。この間、というかずっと、HDDやSSDは頻繁に換えている。このときはまだHDDだったかも。 CPU: Phenom II X6 1090T メモリ: 8GB VGA: GeForce GTX460 さすがにAthlon64 X2に比べると速くて快適だった。 このあとさらにAMDは停滞を続けていて買う物がない状態だったが、さすがに何年か経つと多少はクロックが上がりコアが増えたものが出てきた。といっても単にコアが増えただけでIntelとの差は開く一方。当時最もスペックの高かったFX8350が安かったのでとりあえず買ったりしてみたりした。このときは石のみ交換で、CPUファンすらそのままにしていた(意図したわけではまったくない)。 あれから4年、さすがに限界を感じていて(というかもう8350の性能を調べているあたりからずっと感じていたが)、つらい気持ちになってきたころにAMDがZENアーキテクチャのRyzenを出すと発表したのが2016年末。これはもうRyzenで組むしかないじゃろと思っていたところ、2017年の3/3発売と発表された。しかしこのとき(つまりこれを書いている今もだ)、技術書典2が4月頭にあり、それに向けた執筆で大わらわであったので、これが終わったら4月中頃にRyzenで組もうと思っていたのだった。

Read more

ブジェツラフでVodafoneのSIMを買う

なぜ? ウィーンからミクロフに行きたいが、ミクロフにVodafoneのショップがないため、途中の乗換駅で調達したい。この町は地球の歩き方にもLonely planetにも全く載っていないので、(特に丸腰(インターネット通信が出来ない状態))で歩くために事前の調査が不可欠である。 どこ? ここ。チェコとオーストリア国境近くの田舎町。いま書いてるもう一つの記事からの画像流用なのがばればれで恐縮だが、赤いピンが立っているのはミクロフ。

Read more

SKAGEN Hagen Connected を買った

もともとSKAGENの時計が好きで2つほど持っていて、そろそろ買い足したいなーと思っていたところにスマートウォッチを出すというので早速購入した。ほんとうは数週間前にSKAGENのwebサイトで注文可能になっていたのだが、配送先を日本にするとエラーで購入できなかったので(今は知らないが)、直営店にいって買ってきたのであった。 ということで2日間使っただけだが軽くレビューを書いておく。アプリの機能追加もあるので、随時更新中。

Read more

Domke J-1を個人輸入した

なぜうっかり買ってしまったのか 先月末、新月の夜に天体観測に出かけていった。そのときは前日の天気が悪かったせいか、夜露というか霧が濃かったせいか、地面がわりとぬかるんでいて、直接バッグを地面に置くのが憚られたのであった。またかねてから機材の増加(赤道儀, 雲台, サブカメラ, リモコンなどの小物)によって普段使いのカメラバッグに到底収まらないという状態になっていた。 普段使いの: ミラーレス1,2台  + 広角レンズ2, 3本 + 三脚が持ち運べて気に入っているが、赤道儀が出てくるとこれではどうにもならない。また、撥水加工(で、いろんな遺跡の砂地に持ってって地面に直接置いてきた)とはいえ、さすがにぬかるんだ土の上に置くと気も滅入る。まあ言い訳はいい、買ったものは買ったのだ。

Read more