ドイツでプリペイドSIMを買う話

例によって、2013年12月現在の話です。

ドイツに旅行することになったので、性懲りも無くSIMを買うことにしました。

行き先はフランクフルトで、今までの経験上空港内で買うのが最も楽なので、必然的にフランクフルト空港内に唯一あるO2のSIMを買うことになります。

入国後、Informationでお姉さんに場所を聞いて、ターミナル1のお店へ。

 

ぼく「SIMを買いたいんだけど」

店員「with internet?」

ぼく「はい」

店員「2GBで40ユーロ」

ぼく「たかくね?1週間もいないしそんなにいらないんだけど1GBとかのプランないの?」

店員「そんなもんだろ。他にプランないし」

ぼく「はい(40ユーロ払う)」

店員「タイプは?」

ぼく「microで」

店員、SIMをさしだす

ぼく、それをさして起動。APN設定も最初から入っていたので、選択するだけでH+アイコンがつき、通信が可能に。簡単すぎワロタ。

ぼく「うごいた」

店員「OK」

ぼく「え、これでおわり?」

店員「うん」

所要時間10分。パスポートも要求されないし住所も聞かれない。いいのかこれ。そのうち厳しくなるんだろうなあ。高いけど何の面倒もないし時間を金で買った的なアレで納得できてしまう感ある。

注意事項があるとすれば

・SIMにPINロックがかかってる(端末起動時に要求される)ので、もらったパッケージを捨てないようにする

・店の営業時間が多分普通の朝~夕方くらいまで

くらいですかね。電話番号も(不要だったので特に聞いてないけど)パッケージに書いてありました。