GPD Pocketが届いた

届きました。やればできるんですね。

総じて良くも悪くも期待通り、2017年版Vaio Pです。あれを持って長期旅行をしていた学生時代のノスタルジーに抗えず、Indiegogoで出資受付初日に410ドルほどぶん投げてしまいました。小さい、そこまで軽くはない、ストレージが足を引っ張っている(昔1.8インチHDD 1, 今eMMC )、変態キーボード、高DPI画面、何もかもVaioPです。なにより安いですし、おもちゃとしては最高です。今すぐ買いましょう。

出資~配送

2月に出資して、6月発送とのことで予定通りに(すごいとおもうよ)6月中に発送が始まったが日本向けは後回し(GITEKIのためとのこと)となり、6月末くらいに第1陣が出荷されたんだったと思う。そこから公式アナウンスがなく出荷が止まっていたが7/10に発送連絡が。クソうさんくさいトラッキングサイトでは7/8の通関中以降まったく表示が更新されなかったが、7/12に関東の自宅に届いた。たまたま有給をとっていたのは豪運というほかない。

送り状を見る限りただの国内配送のようなので、輸入まではGPD側で処理をして、国内に荷物を入れてから個別に発送しているようだった。なので、関税等の費用を佐川から請求されることもなかった。

不具合

ド定番の不具合として、蓋を閉じたときに開いたと誤検出して即スリープから復帰するというものがあり、ばっちりそれにはまっていた。

http://blog.mobilehackerz.jp/2017/06/pcgpd-pocket.html

の通りにレジストリをいじって、When I closed the lid を Do nothingにしたら解決した。あと、古いThinkPadのロープロファイルでない赤ぽちを使うと復帰してしまうことがあるらしく、それにもはまった。とりあえず新しいのが届くまではこの純正の滑りやすい青ぽちでいくしかない。ただこれについてはトラックポイントや反対側の画面をどんだけ指でさわっても復帰しないので、メカニズムが謎。ホールセンサを送ってもらって自分で交換するという手もあるらしいが、楽しそうすぎませんかね。一応送ってもらっておこうかしら。

これ以外に目立った不具合はなく、よくできたプロダクトだなという印象をうける。

まあ、液晶デバイスが横向きでBSoDやPOST画面が横倒しで出るのはご愛敬という感じ。あと、ドライバが不安定なのかスリープから復帰しないとかBSoDするとか、それぞれ1回ずつ遭遇しているがこの辺はまあ値段なりかなと。ドライバアップデートがあればよいが、あるかなあ。

感想

Vaio P。

よいところ

  • 唯一無二の大きさ
  • ちゃんと動く
  • 大きさの割にはキー配置がよく、アルファベットキーについては割と無理なく打てる
  • アルミの質感が良い
  • USキーボード(好みの問題でもあるが、この面積でJISだったらもっとひどい配列になっていたのでは)

わるいところ

  • キーがクソ(感触は不問としても、キーの端を押すと抵抗が強くなるのはいただけない)
  • ストレージが遅い(金払うからSSDにしてほしい~~)
  • グレア液晶(好みの問題)
  • スクロールボタンがないのでトラックポイントでホイール操作ができない
  • クリックボタンの手前の壁が高く、人差し指でトラックポイント、同じ手の親指でクリックというThinkPadライクな使い方ができない

Hubとかいうやつ

ProjectのページにあるかっこいいHubとは似ても似つかないしょぼいカードリーダーが届いた。

 

顧客の期待
提供された価値

ナイスミスリード。10ドルのゴミである。

GPD/Wangのクソなところ

出資者へは細々と発送するかたわらAliExpressには物を出してるとこ。あと、遅延したり不具合があったりする件について公式にアナウンスしないところ。メールでこう回答したらしい、みたいな情報しかない。Updateに書け。物が届いたから許せる程度の誠実さしかない。これがクラウドファンディングだというなら何も言わん。

1ヶ月くらいの遅れは連絡がちゃんとあれば大した問題ではないと思う。

ちなみにお約束ですが、この記事はすべてGPD Pocketで書いています。なんとかなる、スマホやタブレットよりはるかに良い、が、正直いまは家にいるので隣にあるRealForceが使いたくてたまらなかった。

Notes:

  1. 知らなかったけど2代目はSSDだったらしい