Net::TwitterでIncorrect signatureが止まらない(つづき)

どうせ忘れるだろうからメモ。

Net::OAuthだかNet::Twitterだかのバグで表題のエラーが出ていた件は、十分に新しいバージョン(3.14**以降?)では直っているはずだ。にもかかわらずこれが出るというのは、単にutf-8として適切ではないデータが渡されているだけのことらしい。orz

BasicのときはいけたのにOAuthになったら通らなくなるのは不可解だが、TwitterのAPIなんて不可解なことだらけなので考えても仕方がない。まあもうBasic認証使えないしね。もしかしてあれか?OAuthになったついでに化けないようにutf-8のチェックをちゃんとしてくれてるとか?

結論から言うと、

use encoding("utf-8");

を消したら直った。ふしぎだ。orz

御大の言うように、ソースは全てuse utf8;してutf-8で書く。encodingはもう使わない。

で、読み込んできた文字列は全部Encode::decode_utf8で処理する。(http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51290188.html)

そうすればソース中の文字列も外から入ってきた文字列も全部中身が正しいutf-8で(←これ大事)、かつutf-8フラグも立つ(←これも大事)ので化けない(少なくともNet::Twitterさんに怒られることはない)。もう文字コードでは悩まなくて済むはずだ・・・

One thought on “Net::TwitterでIncorrect signatureが止まらない(つづき)

Comments are closed.