ubuntu

Ubuntu14.04でemacs24.5をビルドする

sudo apt-get install build-essential 
sudo apt-get build-dep emacs 
sudo apt-get install libncurses5-dev 
cd /tmp curl -O http://ftp.jaist.ac.jp/pub/GNU/emacs/emacs-24.5.tar.gz 
tar xzvf emacs-24.5.tar.gz 
cd emacs-24.5/ 
./configure --without-imagemagick --without-x 
make
sudo make install 

最近はbuild-depでビルドに必要な依存パッケージを入れてくれるらしく、あら便利ねえ、と思っていたのだが、’tputs’がないとか文句を言われるのでlibncurses5-devも入れる必要がある。あとはxとimagemagick(こっちは本当に必要かよくわからない)を外してふつうにconfigure, make, make install。

これでel-getいれてperl6-modeは動くわgoの開発環境は動くわでとてもいい感じである

https://github.com/naotaco/emacs.d/blob/master/init.el

Redmineが止まっていた話

某日

いつも通り何も考えずubuntuを最新にする。

sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade -y

何も考えず再起動する

sudo shutdown -r now

 

翌日

朝起きると, サーバのload averageとCPU使用率が高いという警告がmackerelから届いていた。

ログインしてtopとpsを叩くと、どうもruby (unicorn)がCPUを食いつぶしてるらしい。redmineのログを見てみると、無限に肥大化しており何が何だかわからない。死ぬほどログが垂れ流されているところをよくよくみると、

E, [2015-06-05T00:47:38.882239 #1267] ERROR — : Can’t connect to local MySQL server through socket ‘/var/run/mysqld/mysqld.sock’ (2) (Mysql2::Error)

と書いてある。

netstatとかpsとか叩いてみると、たしかにmysqlが起動していない……

今度はmysqlのログを見てみると、

150604 0:24:00 [ERROR] Can’t start server: Bind on TCP/IP port: Cannot assign requested address
150604 0:24:00 [ERROR] Do you already have another mysqld server running on port: 3306 ?
150604 0:24:00 [ERROR] Aborting

150604 0:24:00 InnoDB: Starting shutdown…
150604 0:24:01 InnoDB: Shutdown completed; log sequence number 2714169
150604 0:24:01 [Note] /usr/sbin/mysqld: Shutdown complete

当然だが他に3306ポートを使ってる人はいないし、意味不明である。my.cnfをみると、bind-address = 127.0.0.1 とある。

ふと思ってifconfigと叩くと、eth0しか出てこない…… 普段eth0とloが出てこなかったっけ?

まったく意味不明であるが、ifup loと叩くと、

ifup: interface lo already configured

とでる。が、ifconfig lo up としたら無事loがあがって、localhostへのpingも通るようになり、mysqlも起動し、unicornも起動した。loが消えた理由についてはまったくわかっていない。

# そもそもbindできないときにCPU食いつぶすのはどうかと思うが、、、

 

HP ProLiant MicroServer Gen8を買って地雷を順番に踏んでった話

NASにしてた自宅サーバが死んでしまったので、そのリプレースとしてタイトルの通り、Microserver Gen8を買った。HPのML310eを使ったときに割と調子がよかったので、同じでいいかなと。

HP MICROSERVER Gen8 G2020T 2.5GHz 2C

by ヒューレット・パッカード [Hewlett-Packard]
Rank/Rating: -/-
Price: -

まずAmazonに出品していた「オフィス・モア (in 神戸)」という店に注文したところ、在庫が10点以上あったにも関わらず入荷未定と連絡がきた。「併売のため」とのことだが、更新が追いつかないペースでこのサーバが売れるとはとても思えないし、たいへん疑わしいと思っている。ということで、ぷらっとオンラインで再度注文。ここは以前も使ったことがあり、webに表示されてる通りに翌営業日に発送される(ただひとつ解せないのが、発送翌日、商品が届いた後になって発送の連絡をしてくるところ)。

ということで、無事届いた。

かっこいい

かっこいい

デザインはいいかんじである。

Continue reading

RedmineからGmailを使ってメール通知をしようとして死ぬほどはまった

はい。

環境はUbuntu 14.04 + nginx + unicorn, Redmine 2.5.1、さくらのVPS。

とりあえず普通にconfig/configuration.ymlに設定を書いて管理画面からテストメールを送信してみるのだが、Execution expiredとエラーが出る。時間がかかるのでタイムアウトっぽい。sendmail代替のssmtpを入れて、そこからメールを送ってみるがダメ。

結論から言うと問題が2つあった。

  • hostnameを後から変えていたので、IPアドレスから逆引きできるものと違っていた
  • うちのプロバイダのDNSサーバでsmtp.gmail.com をIPv6で解決できなかった サーバからsmtp.gmail.comへv6で繋がらなかった (2014/11/09 訂正)

つらい。

Continue reading

ASUS EeePC X101 review: そしてUbuntuへ

さてMeeGoにも飽きたのでUbuntuに入れ換えることにする。

まずはLXDE採用のLubuntuを入れてみたりもしたけど、使い勝手が悪すぎたので窓から投げ捨てた。

とりあえずUbuntu 11.10のBeta2が出てたのでそれを入れてみたが、明らかにウィンドウ周りの挙動がおかしかったので、11.04を入れた。Unityは重くて使えなかったので、Unity2Dを使ってみたら普通にサクサク動いたので、以降ずっとこれを使っている。出張で大活躍です。

やっぱりUbuntuはCtrlとCaps入れ換えが一瞬だし、ATOK for Linuxもちゃんと動くし、素晴らしいね。