PC

RyzenでデスクトップPCを組み直した

久々の感覚だ。

メインマシンをはじめて自作したのが確か2007年ごろで、当時の構成は確かこんな感じ。その前はPentium4かなにかのマシンを使っていた。

  • CPU: Athlon64 X2 4200+
  • M/B: 忘れた、確かASUS
  • メモリ: たぶん4GB
  • VGA: GeForce 6600
  • HDD: WD Raptor

当時としては高コスパでけっこうなパフォーマンスだった。

このあとAMDはよく分からない方向に低調な進化を続け、6コア、8コアとコア数を増やし、クロックを4GHz近くまで上げてきた。

で、たしか2010年ごろ、卒論のためにVM上げまくったりしたかったのでコア数を増やしたくて、Phenom X6で組み直したのであった。この間、というかずっと、HDDやSSDは頻繁に換えている。このときはまだHDDだったかも。

  • CPU: Phenom II X6 1090T
  • メモリ: 8GB
  • VGA: GeForce GTX460

さすがにAthlon64 X2に比べると速くて快適だった。

このあとさらにAMDは停滞を続けていて買う物がない状態だったが、さすがに何年か経つと多少はクロックが上がりコアが増えたものが出てきた。といっても単にコアが増えただけでIntelとの差は開く一方。当時最もスペックの高かったFX8350が安かったのでとりあえず買ったりしてみたりした。このときは石のみ交換で、CPUファンすらそのままにしていた(意図したわけではまったくない)。

あれから4年、さすがに限界を感じていて(というかもう8350の性能を調べているあたりからずっと感じていたが)、つらい気持ちになってきたころにAMDがZENアーキテクチャのRyzenを出すと発表したのが2016年末。これはもうRyzenで組むしかないじゃろと思っていたところ、2017年の3/3発売と発表された。しかしこのとき(つまりこれを書いている今もだ)、技術書典2が4月頭にあり、それに向けた執筆で大わらわであったので、これが終わったら4月中頃にRyzenで組もうと思っていたのだった。

Continue reading

FX-8350を買った

タイトルままだが、学びの多い買い物だったので記録を残しておく。

 

・購入前の構成

M/B: M5A97 Pro

CPU: Phenom II X6 1090T

メモリ: ノーブランド4G*4枚

メインストレージ: Intel SSD 330 160GB

GPU: GeForce GTX 460

 

・購入の端緒

今日朝だらだらネットをしていたら、意外と安くなっていることを発見。

最近たまにもっさりしてるしなあと思い購入を決意。ここまで30分。

Continue reading

ASUS EeePC X101 review: そしてUbuntuへ

さてMeeGoにも飽きたのでUbuntuに入れ換えることにする。

まずはLXDE採用のLubuntuを入れてみたりもしたけど、使い勝手が悪すぎたので窓から投げ捨てた。

とりあえずUbuntu 11.10のBeta2が出てたのでそれを入れてみたが、明らかにウィンドウ周りの挙動がおかしかったので、11.04を入れた。Unityは重くて使えなかったので、Unity2Dを使ってみたら普通にサクサク動いたので、以降ずっとこれを使っている。出張で大活躍です。

やっぱりUbuntuはCtrlとCaps入れ換えが一瞬だし、ATOK for Linuxもちゃんと動くし、素晴らしいね。

ASUS EeePC X101 review (使用編)

無事帰宅したので、さらにMeeGoを使ってみることにした。

とりあえず、山では暗くて見えなかったハードウェアまわりから見ていく。

まず何よりキーボード。

キーボード

(アメリカで買ったのだから当然だが)USキーボードなのはすばらしい。が、どう見ても変態配列。まず5列なのでF1-F12がFnと同時押し必須。そしてEscに追いやられたバッククオートがEnter右下にある(写真参照)。この微妙な配列と、極限まで浅いキーストローク、足りないキーの奥行きによって、とても打ちにくいキーボードが完成されている。最初から期待はしていないが。

右側面

そして右側面にはmicroSDスロットがある。普通のSDじゃないのは仕方ないのだろう。16GBのを調達してさしておいた。

左側面にはアダプタ差し込み口があるが、非常に細いプラグとなっていて心許ない。さすがに折れるようなことは無いだろうが、PSP用のアダプタのプラグよりだいぶ細いってどういうことなんだろう。

天板

そして天板は表面に細かい凹凸の加工がしてあるがプラの質感そのままの出来。パームレストと共通。微妙に手の脂が目立って悲しい。剛性は十分で、特に強度的な不安は覚えないのが凄い。

そして裏面のゴムをむしりとってネジをとり、フタをあけるとメモリとSSDにアクセスできる。

SSDとメモリ

左がPCI_Express miniSSDで、ネジを1本外すと飛び上がってくる。予想に反して普通に交換できそうだったので、8GBで足りなければ適当に買って換装しよう。メモリは普通のDDR3 SO-DIMMっぽいけど、MAXが2GBらしいので、1回換装したら終わりですね(換える前提)。メモリがエルピーダだったのはポイント高い。

というわけで、ハードウェアとしては異常にチープだけど、値段のわりには遊べそうなので大変満足です。とりあえずお金が無いのでハードウェア的にはしばらくそのままかなあ。

 

で、日本語が入れられない件はSKKのかわりにAnthyを入れたら解決した。端末からscim-anthyパッケージを入れるだけなのだが、マネージャがZypperというものらしく、suになってから、

# zypper install scim-anthy

とやったらインストールできた。yumだとパッケージは見つかったみたいだけどエラー。んでscimの設定かえてAnthyにしたら無事日本語が入力できるようになった。すばらしい。

ちなみにデフォルトで入ってるFacebookとTwitterクライアントは認証情報を忘れたり思い出したりするっぽくて(無線が安定していないだけか?)まったく使い物にならない。あとユーザ名がUser固定でパスワード1つでログインしたりsuしたりできるのが割と謎ではある。

基本的にLinuxを期待しているとMeeGoの使い勝手はまったく期待外れでしょうね。一応Chromiumと端末は使えるのでギリギリ耐えられるけど、近いうちにUbuntuに入れ換えることになると思う。

 

 

 

 

ASUS EeePC X101 review (開封編)

ASUSのX101(ASUS X101-EU17-BK 10.1-Inch Netbook)がついに発売されたので、ちょうどアメリカに行っていた友人に頼んで買ってきてもらった。薄くて軽くて安いので、おもちゃとしては最適だろうと。値段は日本円にして18000円くらい。円高ばんざい。日本語でレビュー記事を見ないのでとりあえずレビューを書いていこうと思う。

で、その友人が帰国したので、ちょうど会ったときに受け取ってきました。富士山で。

富士山須走登山口(標高2000m)に届けられたX101

タイムラプス撮影中(前の記事参照)に暇で仕方がなかったので、待ちきれず開封。真っ暗な山で(当然この先の写真はない)。

適当にセットアップを進めていくと、「USBメモリにリカバリイメージを作成しますか?今しか作成できません」との表示が。8GB必要らしいし、もちろんそんなもの無いので、作成せず続行。困ったらUbuntu入れればいいだろ。他には大した関門も無くあっさりセットアップ終了。MeeGo OSなので、なにがなんだかわからない。Linuxベースとのことらしいけど、何系のディストリビューションなのかもよくわからない。

とりあえずChromiumは動くし、WiFiには問題なく繋がったのでネットが出来ることは確かめられた。

ただ、日本語が打てない。正確には、Ctrl + SpaceでSCIMが立ち上がるのだが、SKKというのしか入っておらず、使い方がさっぱり分からない。ひらがなしか入力できない。なんてこったい。とりあえずこの日は大切に箱にしまって帰宅した。

PC自作

4年ぶりの自作である。

といっても予算が限られているので、ケース・光学ドライブ・ディスプレイは現状維持。ケースはともかく、そろそろBDドライブ欲しいし、7年前のと5年前くらいのSXGAディスプレイ2台(全く問題なく稼働しているが)もそろそろ替えたいのだが。

ちなみにディスプレイは17インチSXGA*2なので、フルHDでも解像度的に足りないので変える気が起きない。社会人になっていつかボーナスが6桁出たら横2560pxのモニタ買うんだ・・・

というわけで、今回買った物

・CPU: Phenom II X6 1090T

・M/B: M4A88TD-V。割と安かった。

HDD: 黒キャビア1T, HGSTの2T。前者がパフォーマンス的にブートドライブ、後者がストレージ。

メモリ: 適当なノーブランドでない範囲で最安の4G*2

VGA: MSIのGTX460(OC)のやつ。メモリが768の方。

電源:シーソニックのSS650KM。鉄板らしいので。

CPUクーラー:風神鍛。あまり背の高くないトップフロー

こんなかんじ。派手に金使った。

で、今あるケースにこいつらを使って1台組む。するとほぼ1台分のパーツが余るので、そいつに使うための安いパーツも買ってきた。

・ケース:2980円の、今日見た中で最安のもの。かわいい水色。

・CDドライブ:聞いたことないメーカーのDVD-RWドライブ。2500円くらいだった。

で、帰って組み立て。

メインのケースから光学ドライブ以外全部取り出して、軽く掃除して、パーツは横に置いておく。で、マザーにCPU, クーラー、メモリあたりをつける。風神鍛つけるのめんどくさい。つかマニュアルが死ぬほどわかりづらい。

で、本体に取り付けるのだが、バックプレートについてる何とかっていうスポンジのようなものが無駄に厚くてマザーの位置がねじ穴と微妙に合わない。ので、背面の端子にあわせてカッターでスポンジをごりごりカットしたら解決した。GNDとるためだか何だか知らんけど導電性のありそうな表面をしているので、切れ目から繊維がほつれるとどっかで余計なところに電気を流しそうな気がして少し怖い。

そしてWindows7をインストール。あっさり。なんたらエクスペリエンスはストレージ以外7点台半ばだった。HDDェ・・・。しかしSSDを入れるほどのスペック要求も金もない。

各種ドライバを当てて、FF14ベンチをしてみる。モニタがSXGAなので、Low解像度で。他のアプリを切って放置すると4300くらいまでいった。

そしてCPU温度を測ってみたらシバキ時で60度くらい。まあ問題なさそうな範囲だけど高い。風神鍛はあんまり冷えないみたいね、と思って周波数を確認したら3710MHzになってた。マザーのスイッチを変えたからか、勝手にオーバークロックしてるらしい。自動で3.7Gとか十分すぎだろ・・・

しかし最近はもはやOCが普通になってるんだな。すっかり浦島さんになってたわ。

そしてどうも調子が良くないのでmemtestを走らそうと思ったがなぜかCDからブートしない。わけわからん。BIOSを見てみたら、SATAの設定がIDEになってた。関係ないけどパフォーマンスよくなりそうだからAHCIに修正したら、突然CDからブートしてmemtestが始まった。わけがわからない。

調子にのってVGAのクロックを1GHzまで上げてみたら固まった。

とりあえず速いので満足です。Win7がさくさく。