BSoD

RyzenでデスクトップPCを組み直した

久々の感覚だ。

メインマシンをはじめて自作したのが確か2007年ごろで、当時の構成は確かこんな感じ。その前はPentium4かなにかのマシンを使っていた。

  • CPU: Athlon64 X2 4200+
  • M/B: 忘れた、確かASUS
  • メモリ: たぶん4GB
  • VGA: GeForce 6600
  • HDD: WD Raptor

当時としては高コスパでけっこうなパフォーマンスだった。

このあとAMDはよく分からない方向に低調な進化を続け、6コア、8コアとコア数を増やし、クロックを4GHz近くまで上げてきた。

で、たしか2010年ごろ、卒論のためにVM上げまくったりしたかったのでコア数を増やしたくて、Phenom X6で組み直したのであった。この間、というかずっと、HDDやSSDは頻繁に換えている。このときはまだHDDだったかも。

  • CPU: Phenom II X6 1090T
  • メモリ: 8GB
  • VGA: GeForce GTX460

さすがにAthlon64 X2に比べると速くて快適だった。

このあとさらにAMDは停滞を続けていて買う物がない状態だったが、さすがに何年か経つと多少はクロックが上がりコアが増えたものが出てきた。といっても単にコアが増えただけでIntelとの差は開く一方。当時最もスペックの高かったFX8350が安かったのでとりあえず買ったりしてみたりした。このときは石のみ交換で、CPUファンすらそのままにしていた(意図したわけではまったくない)。

あれから4年、さすがに限界を感じていて(というかもう8350の性能を調べているあたりからずっと感じていたが)、つらい気持ちになってきたころにAMDがZENアーキテクチャのRyzenを出すと発表したのが2016年末。これはもうRyzenで組むしかないじゃろと思っていたところ、2017年の3/3発売と発表された。しかしこのとき(つまりこれを書いている今もだ)、技術書典2が4月頭にあり、それに向けた執筆で大わらわであったので、これが終わったら4月中頃にRyzenで組もうと思っていたのだった。

Continue reading