Alpha

α6000, ILCE-6000 で撮った写真をLightroomで現像する

2014/03/26時点の話です。

Lightroomは非常に使いやすくて、もうこれ無しで僕の写真生活は成り立たないところまできてしまっている。他方α6000を買ってしまった私は、Lightroomがまだ対応してないとはいえ、新しいカメラで写真を撮りたくて仕方がない。

ぐぐると、Camera RAW 8.4 RCを紹介してるAdobeのブログが引っかかるのだが、Photoshopじゃやってられないので、ARW(SonyのRAW形式)からDNG(Adobeのやつ)に変換してからLightroomに取り込むことにした。たぶん、D4SとかX-T1とかも対応してるんだろう。

まず上のブログからリンクをたどり、Camera RAW 8.4 RCをダウンロードしてインストールする。Photoshop CS6か、Photoshop CCがないといけないはず(月1000円のアレに入ってるよね?)。

で、Bridgeから一括処理したいARWファイルを全部選択して、Camera RAWに放り込む。

lr_2

Bridgeから任意のARWファイルを好きなだけ選択し、Camera RAWで開く

するとCamera RAWに複数ファイルが出てくるので、すべて選択、を押して、画像を保存を選択。

lr_3

DNGファイルに変換して保存できる

ARW->DNGの変換は現像に比べるとだいぶ速くて、僕の環境(AMD FX8350)だと1枚1秒弱くらいで終わった。

あとはいつものLightroomで、このDNGを読み込むだけ。かんたん。これならLightroomのアップデートが来るまで耐えられるね。

Camera RAW 8.4 RCは5月いっぱいしか使えないらしいのだが、それまでにはちゃんと正式版が出るということだろう、きっと。

α6000を買った

α6000

α6000

by - [-]
Rank/Rating: -/-
Price: -

NEX-5Rに限界を感じていたわけでは特にないのだが、AFが速いと聞いたし、そろそろシューのついたカメラもほしいし、買ってしまった。

聞いていたとおり、AFはAF-SもAF-Cも速いし、24Mなのにノイズも5Rより少ない気がするし、基本的なカメラ性能が全体的に上がっていて大変よい。

よかった点:

  • ファンクションメニュー、カスタムボタンが大変便利
  • AFくっそ速い
  • 待ち焦がれたISO上限下限設定がきた
  • 24Mだけどなんとなく5Rより高感度いいような気がする(ISO3200くらいまでいけるんじゃね感ある)(要出典)
  • 5Rだとクソもっさりしてたダウンロードアプリがだいぶ速い

だめな点:

  • でかくて軽いので安っぽい
  • モードダイヤルと内蔵フラッシュはいらない(知ってた
  • 見た目がごつい
  • バッテリがマイナーチェンジしてなんか安っぽくなってる

今更レビューするような珍しいものでもないので、そのうち作例上げます。