イタリア

ベネチアでプリペイドSIMを買う話

さて、このシリーズも何度目か、今度はイタリア編である。

飛行機が到着したのはフィレンツェだったのだが、あいにく夜遅くの便だったため、その日は買うことが出来なかった。

翌朝は起きてすぐ電車でベネチア日帰り観光に。今回目当てのTIM or Vodafoneのお店は9時だか10時だかからしか開いていないようなので、これはもうベネチアで買うしかない。

Venezia S.L. 駅に降り立ち、まずはTIMのお店に行ってみるが混んでいたので断念。適当にふらふら歩いていたら、リアルト橋を渡ったところにVodafoneの店があったので、そこで購入することができた。店に入ると整理券(受付番号が書いてあるやつ)を取って待つのだが、国際的観光地だけあって、「プリペイドSIM」「その他」という2択になっていた。プリペイドSIMの方の番号をもらって待つこと15分くらい。

いつものようにカウンターでSIMをくれと言うと、電話はunlockか?とか、SIMの大きさは?とか聞かれるだけであっさり買うことができた。パスポートを見せろと言われたがホテルのセーフティボックスに入れっぱなしにしていたので、パスポートのコピーを見せたらOKだった。それでいいのか?何にしても気軽に持ち運べるIDがないと不便だなと思ったが、携帯買う時くらいしか出番ないな。。

3GB+通話(詳細忘れた)で40ユーロ。高いがこんなもんか。ぐぐった範囲ではTIMなら2GBで30ユーロのプランがあるとかないとか読んだ気もしたが、その差額のために旅行中の時間を浪費することもなかろう。お金を払ってパッケージを受け取り、店を出る。

DSC09382

VodafoneのSIM

SIMの大きさを聞かれてmicroと答えたのはよいが、実際はmini, micro, nano まですべて切れ込みが入っており、どれでも使うことができる。今回は端末がZenfone 2, Xperia SP(C5303)だったのでmicroのまま使った。Lumia930はwifi運用で。。

一応店でAPNを聞いて、”MOBILE.VODAFONE.IT”と教えてもらってはいたが、SIMを挿したら既にAPNは登録済みの状態になっていた。モバイルネットワークの設定からAPNを選ぶだけでよい。それより、起動時に一定の確率で(?)SIMのPINを聞かれるので焦る。SIMカード裏面のスクラッチを削ると番号が出てくるので、左の4桁の番号を入れてやればよい。

DSC09384

裏面。PINが書いてあるので重要

嬉しい誤算としては、LTE(Zenfone2, C5303両方で使えたのでおそらくバンド3)が使えたということ。屋外の調子が良いところなら20Mbpsくらい普通に出る。さすが先進国である。日本では評判の悪かったVodafoneであるが、ほぼ圏外にならず、フィレンツェ、ベネチア、ローマ、ナポリ、ポンペイ各所で問題なくLTEが使えた。ただし室内はかなりあやしく、場所によってはEDGE(2.5G?)まで落ちる。建物の作りが電波に厳しいのだろうか。

自分の電話番号はカードのどこをみてもわからないが、電話は普通に出来る。レストランの予約に便利。

どうでもいいが、イタリアはWindowsPhoneのシェアが非常に高い(たしかiOSを抜いて2位だったはずだ)こともあり、街で使っている人も多いし店にもよく並んでいる。さすがにLumia5xx, 6xxの低価格モデルが多いが、それでもかなり天国という感じがする。

ちなみに帰りの飛行機の乗り継ぎがシャルルドゴールだった。ローミングに期待していたのだが、通信はできなかった。[R] と[H+]とピクトが出ていたので、いかにも通信できそうな雰囲気ではあったのだが、よくわからん。というか、それどころではなかった。まあそれは別の話。