買った

RyzenでデスクトップPCを組み直した

久々の感覚だ。

メインマシンをはじめて自作したのが確か2007年ごろで、当時の構成は確かこんな感じ。その前はPentium4かなにかのマシンを使っていた。

  • CPU: Athlon64 X2 4200+
  • M/B: 忘れた、確かASUS
  • メモリ: たぶん4GB
  • VGA: GeForce 6600
  • HDD: WD Raptor

当時としては高コスパでけっこうなパフォーマンスだった。

このあとAMDはよく分からない方向に低調な進化を続け、6コア、8コアとコア数を増やし、クロックを4GHz近くまで上げてきた。

で、たしか2010年ごろ、卒論のためにVM上げまくったりしたかったのでコア数を増やしたくて、Phenom X6で組み直したのであった。この間、というかずっと、HDDやSSDは頻繁に換えている。このときはまだHDDだったかも。

  • CPU: Phenom II X6 1090T
  • メモリ: 8GB
  • VGA: GeForce GTX460

さすがにAthlon64 X2に比べると速くて快適だった。

このあとさらにAMDは停滞を続けていて買う物がない状態だったが、さすがに何年か経つと多少はクロックが上がりコアが増えたものが出てきた。といっても単にコアが増えただけでIntelとの差は開く一方。当時最もスペックの高かったFX8350が安かったのでとりあえず買ったりしてみたりした。このときは石のみ交換で、CPUファンすらそのままにしていた(意図したわけではまったくない)。

あれから4年、さすがに限界を感じていて(というかもう8350の性能を調べているあたりからずっと感じていたが)、つらい気持ちになってきたころにAMDがZENアーキテクチャのRyzenを出すと発表したのが2016年末。これはもうRyzenで組むしかないじゃろと思っていたところ、2017年の3/3発売と発表された。しかしこのとき(つまりこれを書いている今もだ)、技術書典2が4月頭にあり、それに向けた執筆で大わらわであったので、これが終わったら4月中頃にRyzenで組もうと思っていたのだった。

Continue reading

ブジェツラフでVodafoneのSIMを買う

なぜ?

ウィーンからミクロフに行きたいが、ミクロフにVodafoneのショップがないため、途中の乗換駅で調達したい。この町は地球の歩き方にもLonely planetにも全く載っていないので、(特に丸腰(インターネット通信が出来ない状態))で歩くために事前の調査が不可欠である。

どこ?

ミクロフ、プラハ、ブジェツラフの位置 ©2016 Google

ここ。チェコとオーストリア国境近くの田舎町。いま書いてるもう一つの記事からの画像流用なのがばればれで恐縮だが、赤いピンが立っているのはミクロフ。

Continue reading

SKAGEN Hagen Connected を買った

もともとSKAGENの時計が好きで2つほど持っていて、そろそろ買い足したいなーと思っていたところにスマートウォッチを出すというので早速購入した。ほんとうは数週間前にSKAGENのwebサイトで注文可能になっていたのだが、配送先を日本にするとエラーで購入できなかったので(今は知らないが)、直営店にいって買ってきたのであった。

dsc04054

ということで2日間使っただけだが軽くレビューを書いておく。アプリの機能追加もあるので、随時更新中。

Continue reading

Domke J-1を個人輸入した

Domke J-1

なぜうっかり買ってしまったのか

先月末、新月の夜に天体観測に出かけていった。そのときは前日の天気が悪かったせいか、夜露というか霧が濃かったせいか、地面がわりとぬかるんでいて、直接バッグを地面に置くのが憚られたのであった。またかねてから機材の増加(赤道儀, 雲台, サブカメラ, リモコンなどの小物)によって普段使いのカメラバッグに到底収まらないという状態になっていた。

普段使いの:

ミラーレス1,2台  + 広角レンズ2, 3本 + 三脚が持ち運べて気に入っているが、赤道儀が出てくるとこれではどうにもならない。また、撥水加工(で、いろんな遺跡の砂地に持ってって地面に直接置いてきた)とはいえ、さすがにぬかるんだ土の上に置くと気も滅入る。まあ言い訳はいい、買ったものは買ったのだ。

Continue reading

レビュー: Microsoft Lumia 950

Surface Bookが発表された最高の発表会から2ヶ月、Cloveに注文していたLumia 950がイギリスから届きました。2,3回Cloveからの発送が延期されたりなんだりしましたが、12/12に到着。記事執筆段階では950のレビュー記事がギズモードのゴミしかみつからない状況はひどすぎるので、書いておきます。

既に950XLはAmazonに出てるようだが、950はまだ出てない様子。

by - [-]
Rank/Rating: -/-
Price: -

開封の儀

まず箱がでかい。2015年末の端末とは思えない。

左がLumia950, 右が930の箱

左がLumia950, 右が930の箱

Continue reading

Nexus 5XとLumia 930のカメラ画質について

発表の日の午前2時半ごろまで起きててがんばってすぐ注文したにも関わらず在庫潤沢で誰でも注文できる状態だったNexus 5Xが香港から届いた。

Nexus 5X

Nexus 5X

薄くて軽くて速くて、Androidスマホとしては最高という感じ。指紋認証も一瞬で終わってロック解除されるしとにかく快適に使える。画面も綺麗で申し分ない。ただ相変わらず背面がプラ丸出しで安っぽい。はっきりいって質感は半額(3万くらい)のZenfone2と同レベル。Nexus 4のあの質感を忘れてしまったのか。まあ軽いからいいか……。

で、毎度毎度聞いてるような気がするが今回も例によってGoogleはカメラに大層な自信があるとのことなので、最強コンデジことLumia 930(naotaco調べ)と比べてみることにした。下馬評(naotaco評)としては勝負にならずNexusの惨敗というところである。

Continue reading

ベネチアでプリペイドSIMを買う話

さて、このシリーズも何度目か、今度はイタリア編である。

飛行機が到着したのはフィレンツェだったのだが、あいにく夜遅くの便だったため、その日は買うことが出来なかった。

翌朝は起きてすぐ電車でベネチア日帰り観光に。今回目当てのTIM or Vodafoneのお店は9時だか10時だかからしか開いていないようなので、これはもうベネチアで買うしかない。

Venezia S.L. 駅に降り立ち、まずはTIMのお店に行ってみるが混んでいたので断念。適当にふらふら歩いていたら、リアルト橋を渡ったところにVodafoneの店があったので、そこで購入することができた。店に入ると整理券(受付番号が書いてあるやつ)を取って待つのだが、国際的観光地だけあって、「プリペイドSIM」「その他」という2択になっていた。プリペイドSIMの方の番号をもらって待つこと15分くらい。

いつものようにカウンターでSIMをくれと言うと、電話はunlockか?とか、SIMの大きさは?とか聞かれるだけであっさり買うことができた。パスポートを見せろと言われたがホテルのセーフティボックスに入れっぱなしにしていたので、パスポートのコピーを見せたらOKだった。それでいいのか?何にしても気軽に持ち運べるIDがないと不便だなと思ったが、携帯買う時くらいしか出番ないな。。

3GB+通話(詳細忘れた)で40ユーロ。高いがこんなもんか。ぐぐった範囲ではTIMなら2GBで30ユーロのプランがあるとかないとか読んだ気もしたが、その差額のために旅行中の時間を浪費することもなかろう。お金を払ってパッケージを受け取り、店を出る。

DSC09382

VodafoneのSIM

SIMの大きさを聞かれてmicroと答えたのはよいが、実際はmini, micro, nano まですべて切れ込みが入っており、どれでも使うことができる。今回は端末がZenfone 2, Xperia SP(C5303)だったのでmicroのまま使った。Lumia930はwifi運用で。。

一応店でAPNを聞いて、”MOBILE.VODAFONE.IT”と教えてもらってはいたが、SIMを挿したら既にAPNは登録済みの状態になっていた。モバイルネットワークの設定からAPNを選ぶだけでよい。それより、起動時に一定の確率で(?)SIMのPINを聞かれるので焦る。SIMカード裏面のスクラッチを削ると番号が出てくるので、左の4桁の番号を入れてやればよい。

DSC09384

裏面。PINが書いてあるので重要

嬉しい誤算としては、LTE(Zenfone2, C5303両方で使えたのでおそらくバンド3)が使えたということ。屋外の調子が良いところなら20Mbpsくらい普通に出る。さすが先進国である。日本では評判の悪かったVodafoneであるが、ほぼ圏外にならず、フィレンツェ、ベネチア、ローマ、ナポリ、ポンペイ各所で問題なくLTEが使えた。ただし室内はかなりあやしく、場所によってはEDGE(2.5G?)まで落ちる。建物の作りが電波に厳しいのだろうか。

自分の電話番号はカードのどこをみてもわからないが、電話は普通に出来る。レストランの予約に便利。

どうでもいいが、イタリアはWindowsPhoneのシェアが非常に高い(たしかiOSを抜いて2位だったはずだ)こともあり、街で使っている人も多いし店にもよく並んでいる。さすがにLumia5xx, 6xxの低価格モデルが多いが、それでもかなり天国という感じがする。

ちなみに帰りの飛行機の乗り継ぎがシャルルドゴールだった。ローミングに期待していたのだが、通信はできなかった。[R] と[H+]とピクトが出ていたので、いかにも通信できそうな雰囲気ではあったのだが、よくわからん。というか、それどころではなかった。まあそれは別の話。