Author: naotaco

クリスマス2016

ミクロフの歩き方

チェコの南東部、モラヴィアという地域にミクロフ(Mikulov)という街がある。最近どうも景色がきれいということで有名になりつつあるっぽいので、これ幸いと訪ねることにしたのであった。

ミクロフ、プラハ、ブジェツラフの位置 ©2016 Google

ミクロフ遠景

モラヴィア地方はワインの名産地でもあるとのことで、景色もすばらしいとなるとますます行くしかない。ただひとつ、問題は地球の歩き方に載っていないことである。地上にそんな街あるの……?

インターネットを駆使して観光に挑み、無事満喫して(2泊しかしてないけど)帰ってきたので一通りのことを書いておく。

Continue reading

ブジェツラフでVodafoneのSIMを買う

なぜ?

ウィーンからミクロフに行きたいが、ミクロフにVodafoneのショップがないため、途中の乗換駅で調達したい。この町は地球の歩き方にもLonely planetにも全く載っていないので、(特に丸腰(インターネット通信が出来ない状態))で歩くために事前の調査が不可欠である。

どこ?

ミクロフ、プラハ、ブジェツラフの位置 ©2016 Google

ここ。チェコとオーストリア国境近くの田舎町。いま書いてるもう一つの記事からの画像流用なのがばればれで恐縮だが、赤いピンが立っているのはミクロフ。

Continue reading

SKAGEN Hagen Connected を買った

もともとSKAGENの時計が好きで2つほど持っていて、そろそろ買い足したいなーと思っていたところにスマートウォッチを出すというので早速購入した。ほんとうは数週間前にSKAGENのwebサイトで注文可能になっていたのだが、配送先を日本にするとエラーで購入できなかったので(今は知らないが)、直営店にいって買ってきたのであった。

dsc04054

ということで2日間使っただけだが軽くレビューを書いておく。アプリの機能追加もあるので、随時更新中。

Continue reading

Windows10 + usbaspでAVRマイコンを使う

AVRマイコンとはAtmel社の製造しているマイコンである。Arduino(およびそのパチもん)に使われているのもAVRのMEGAシリーズというやつで、安くて小さく扱いやすいのが特徴である。他方、ほんとうに素のマイコンのまま売ってるので、直接USBでPCにつないでスケッチをWriteみたいなそういうカジュアルな使い方はまったくできない。ライタと呼ばれる書き込み装置を使ってマイコンにバイナリを転送することになるわけだ。

このライタにはたくさんの種類があり、まあどれを使ってもいっしょだと思うのだが、買うとそこそこの値段 1する。そこでUSBaspというオープンソースのAVRライタを自作することになるわけで、ご多分に漏れず僕の手元には大学の先生に言われるがままに作ったUSBaspと秋月で衝動買いしたAVRマイコンが多数あるわけだ(ここまで8年前の知識)。

AVRマイコンたち。ATMEGA88, ATTINY85など

AVRマイコンたち。ATMEGA88, ATTINY85など

学生時代に自作したusbasp

学生時代に自作したUSBasp

久々にライタとAVRマイコンが出土したので是非いじってみようと思うわけだが、何も思い出せないし当時のPCもないし、なんならWindows10用のドライバなど全く提供されていないのでどこから手を付けて良いかわからぬ。

Continue reading

Notes:

  1. といっても数千円なんだから、今考えれば買ってしまえばよかろうという感じである

Windows 10 Anniversary Updateを適用後、短時間のフリーズが頻発する件

Updateしてからというもの、ちょっと何かする(アプリを立ち上げるとか、その程度)と30秒くらいOSまるごとフリーズするプチフリっぽい現象が頻発していた。かなり厳しい。

イベントビューワを見るとstorahciとかいうのが死んでいるらしい。

storahci

Level: Warning
Source: storahci
Event ID: 129

General:
Reset to device, \Device\RaidPort0, was issued.

Continue reading

Domke J-1を個人輸入した

Domke J-1

なぜうっかり買ってしまったのか

先月末、新月の夜に天体観測に出かけていった。そのときは前日の天気が悪かったせいか、夜露というか霧が濃かったせいか、地面がわりとぬかるんでいて、直接バッグを地面に置くのが憚られたのであった。またかねてから機材の増加(赤道儀, 雲台, サブカメラ, リモコンなどの小物)によって普段使いのカメラバッグに到底収まらないという状態になっていた。

普段使いの:

ミラーレス1,2台  + 広角レンズ2, 3本 + 三脚が持ち運べて気に入っているが、赤道儀が出てくるとこれではどうにもならない。また、撥水加工(で、いろんな遺跡の砂地に持ってって地面に直接置いてきた)とはいえ、さすがにぬかるんだ土の上に置くと気も滅入る。まあ言い訳はいい、買ったものは買ったのだ。

Continue reading

スカイメモS用の微動雲台を買った

以前は普通の自由雲台にスカイメモSを乗せていたが、さすがに極軸合わせに時間がかかってしまうので専用の微動雲台を調達した。

期待していたメカ精度の高い品物という感じはせず、ガタが大きくてぱっとしない。ネジ 1を締め上げればマシにはなるし実使用上は上から押さえつけられるので問題ないと思うが、これが1万円の雲台の実力というにはさみしい感じがする。とはいってもそれなりの耐荷重のギヤ雲台などを買おうとするととても1万円では収まらないので、他に選択肢もない。

Manfrotto 055XPROBにのせたところ

Manfrotto 055XPROBにのせたところ

乗せてみると悪くない。三脚の台座より雲台の底面の方が大きいのでアンバランスに見えるといえば見えるが、でかい赤道儀に見合う大きさなので安心感はある。三脚側のネジ穴は3/8インチのいわゆる太ネジなので、小型の三脚の場合はそのまま装着できない場合がある(そもそもそういう三脚の場合耐荷重も厳しそうであるが)。

早速新月の夜に繰り出した。

この時期とは思えない晴天だったので、天の川が撮り放題である。早速三脚を広げてスカイメモをマウントし、合わせる。特に上下の動きが大きなネジで合わせやすい。また、左右の微動ネジも一応あるので、微調整はきく。といってもこれは2本のネジをうまいこと使う必要があるので、動かしづらいし調整できる範囲も広くない。まずは三脚ごと、あるいは三脚のエレベータを回転させてざっくり合わせるのがよいと思う。従来自由雲台を使っていたときは10分くらいかかっていたような気がするが、微動雲台だと縦横それぞれ合わせられるので2,3分で合わせられるようになった。

α6000 + Touit 12mm (60sec., F2.8, ISO3200)

α6000 + Touit 12mm (60sec., F2.8, ISO3200)

α6000 + Touit 12mm (120sec., F2.8, ISO3200)

α6000 + Touit 12mm (120sec., F2.8, ISO3200)

60秒なら等倍で見ても楽勝という感じだが、120秒になると若干厳しくなってくる。この辺は自由雲台を使って合わせていたときと変わっていないような気がするのだが、そもそも根本的に合わせ方を間違えているのか…?せっかく赤道儀があるのだから、もう少しISOを落として長時間露光する方向を試してもよかったかもしれない。

まあとりあえず、天の川を撮るという今夏の目標は達成したと言え、満足している。次の新月も行きたいけど、天気がどうかな。

ところで今回、湿度が尋常じゃなくてカメラが結露しまくって大変だった。夏だけどこれレンズヒーターで防げるのかな…?とりあえず安いやつをぽちってみたので、1ヶ月後の新月に晴れていたらレポートします。

 

Notes:

  1. Kenkoロゴ裏から生えている黒いハンドル。これを締めると高度方向の動きを固めにすることができる