ASUS EeePC X101 review (開封編)

ASUSのX101(ASUS X101-EU17-BK 10.1-Inch Netbook)がついに発売されたので、ちょうどアメリカに行っていた友人に頼んで買ってきてもらった。薄くて軽くて安いので、おもちゃとしては最適だろうと。値段は日本円にして18000円くらい。円高ばんざい。日本語でレビュー記事を見ないのでとりあえずレビューを書いていこうと思う。

で、その友人が帰国したので、ちょうど会ったときに受け取ってきました。富士山で。

富士山須走登山口(標高2000m)に届けられたX101

タイムラプス撮影中(前の記事参照)に暇で仕方がなかったので、待ちきれず開封。真っ暗な山で(当然この先の写真はない)。

適当にセットアップを進めていくと、「USBメモリにリカバリイメージを作成しますか?今しか作成できません」との表示が。8GB必要らしいし、もちろんそんなもの無いので、作成せず続行。困ったらUbuntu入れればいいだろ。他には大した関門も無くあっさりセットアップ終了。MeeGo OSなので、なにがなんだかわからない。Linuxベースとのことらしいけど、何系のディストリビューションなのかもよくわからない。

とりあえずChromiumは動くし、WiFiには問題なく繋がったのでネットが出来ることは確かめられた。

ただ、日本語が打てない。正確には、Ctrl + SpaceでSCIMが立ち上がるのだが、SKKというのしか入っておらず、使い方がさっぱり分からない。ひらがなしか入力できない。なんてこったい。とりあえずこの日は大切に箱にしまって帰宅した。